診療科目・診察内容

  1. ホーム
  2. 診療科目
不妊治療・生殖医療
人工授精を含む一般不妊治療、IVF(体外受精)、顕微授精、卵子凍結、精子凍結、受精卵凍結、がん生殖医療、泌尿器科生殖医療専門医による男性不妊診療など。
当クリニックの宇都宮院長は、長年、和歌山県立医科大学産婦人科で、体外受精―胚移植(IVF-ET)などの不妊治療と研究を続けてまいりました。患者様の希望も踏まえ、不妊要因に基づいた最適な治療を行います。

当院では不妊検査(血液検査、超音波検査、子宮卵管造影、精液検査など)を受けていただき、治療方針をたてます。タイミング療法のみはお受けしていません。

当クリニックでは泌尿器科生殖医療専門医による男性不妊診療も行っております。和歌山県初となる非閉塞性無精子症症例に対するマイクロテセ(顕微鏡下精巣内精子採取術)で精子が採取され、当院で凍結保管、顕微授精を行い、元気な赤ちゃんが生まれました。
不妊原因の割合は男女で同率です。第2子不妊でも男性側の異常があることも多く見られます。ご夫婦ともに検査を受けられることをお勧めします。

当クリニックは、がん生殖医療にも取り組んでいます。若い患者さんに対するがん治療は、その内容によっては卵巣や精巣などの性腺機能不全をきたしたり、子宮・卵巣・精巣など生殖臓器の喪失により将来子供を持つ事が困難になる事(妊よう性の廃絶)があります。がん治療後の妊よう性温存のための治療、子宮がんや卵巣がんに対する子宮や卵巣を温存する手術、放射線治療から卵巣を保護する手術、さらには生殖補助技術の進歩による精子や卵子、受精卵の凍結保存などご相談ください。

婦人科一般診療
生理ではないのに出血がある(不正出血)、おりものがおかしい(色・におい・量が多い)、外陰部の異常(かゆみ・痛み・腫れ・しこり)、下腹部が痛いなど、婦人科系でお困りな事があれば、何でもご相談ください。重大な疾患が隠れていたり、治療が難しくなったりする懸念はもちろんですが、何より一刻も早く不安を解決されたほうが、お気持ちが楽になりますよ。おひとりで悩まず、どうぞお早めにご相談ください。
子宮がん・婦人科癌検診
子宮がん・婦人科癌には、子宮頸部に発生する子宮頸癌、子宮体部の子宮内膜に発生する子宮体癌、卵巣部分が大きく腫れ上がる卵巣癌などがあります。早期発見さえできれば完治する病気ですので、定期的にガン検診を受けられることをおすすめします。
子宮がん検診のときには、経腟超音波検査で卵巣や子宮の細部も検査いたします。
子宮筋腫・子宮内膜症
子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。子宮内膜症は、子宮以外の場所に子宮内膜と同じような粘膜組織ができ、生理と同じように出血する疾患です。いずれも、治療方法や手術療法の場合の程度など、治療方針で悩まれることが多い疾患です。患者様の年齢、社会的条件を考慮して、ご納得いただける誠実な治療をお約束します。
子宮頚がん予防ワクチン
子宮頚がんの原因は、性交渉によって感染する発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)です。子宮頚がん予防ワクチンは、すべてのHPV感染を防ぐものではありませんが、子宮頸がん最大の危険因子HPV16型と18型、2つのタイプを防ぐことができます。子宮頸癌予防ワクチンの接種をご希望の方は、お電話でご予約ください。
なお、子宮頸がんワクチンは3回接種(初回だけでなく、初回から1か月後、6か月後)が必要です。(1回:15,000円です。)
更年期障害
卵巣機能の低下とともに女性ホルモンが減少し、のぼせ・ほてり・発汗・肩こり・不眠・イライラといった更年期特有の症状が出現します。症状の強い患者様には、ホルモン補充療法(HRT)・漢方療法・心理療法・カウンセリングなどの中から、患者様の症状・体調に合った治療をおこないます。
生理日変更相談
大切なご予定と生理が重ならないよう、生理日を変更するご相談に対応させていただきます。
ブライダルチェック
ご結婚前の健康診断です。性感染症の検査、その他感染症および病気の検査、子宮・卵巣の検査、子宮がん検査、ホルモン検査など、おこないます。自らの健康はもちろん、パートナーへの配慮もあって、近年増加傾向にあります。
ただし、当院のブライダルチェックは婦人科の病気、性感染症がないかどうかのチェックのみです。将来の妊娠を確約するような検査ではありません。したがいまして32歳までの未婚の方を対象とさせていただきます。
その他の検査・治療
性感染症(STD)チェック、インフルエンザワクチン接種などもおこないます。

診察風景